かぐやの里 メモリーホール

かぐやの里メモリーホールFB

お役立ち

身寄りがない人の老後のリスクと対処法 前編

 

独身ライフはとても楽しいものですが、独身のまま高齢を迎えるとさまざまなリスクがあるものです。

たとえば認知症になってしまったとき、自分が亡くなったときの財産社会問題にもなっている孤独死の危険性、葬儀の方法など、事前に考えておくべきことがたくさんございます。

そこで今回は、身寄りがいない老後のリスクと対処法を解説します。

「そんな先の生活なんて、今は想像もつかない…」という方もいらっしゃるかもしれませんが、元気な今向き合うからこそ、その対処法も明確に見えてくるのです。

今回は前編と後編に分けて内容を詳しくご説明いたします。

 

身寄りがない人が老後を迎えたときに起こりうるリスク

身寄りがないといっても、生涯独身であったという理由だけではないでしょう。

両親はもちろん夫や妻に先立たれてしまったり兄弟や親戚がいなかったりという理由から、最近はひとりで暮らす高齢者が急増しています。

また、近年は子どもの世帯が実家に残らなかったり、家を出て行ったりというケースも多くなりました。

このような時代の流れも、身寄りがない高齢者の急増につながっているのです。

実際に、かぐやの里メモリーホールにも「自身の将来について相談したい」と1人でご来館くださるお客様も少なくありません。

この記事では高齢者の孤独死や身寄りがない人が老後を迎えたときに起こりうるリスクを解説します。

 

■ 認知症になる

 

 

 

認知症で判断力が低下した場合、一般的には、自身の財産管理は4親等内の親戚によって行われます(成年後見制度)。

信頼できる親戚に管理を一任することで、老後、または亡くなった後も、自己の財産は正当に守られるのです。

しかし親戚と呼べる身寄りがいない場合は、財産の管理を任せることはできません。

これは法律によって定められているため、たとえ近隣の方や友人がそれに気づいていたとしても、財産を管理する権利をもつことはできないのです。

気づいた方が役所に申し出たり、親族を探してくれたりする場合もありますが、それではかなりの時間がかかってしまいます。

財産の管理をしっかりとできていないと、介護サービスはもちろん、基本的な生活を送ることも難しくなってくるでしょう。

 

■ 身元保証人がいない

高齢者にとって身元保証人とは、以下のような責任を負う人のことをいいます。

・入院する際に必要な費用、老人ホーム入居費用などの経済的な保証人
・もしものことがあった場合の緊急連絡先
・遺品整理や死亡時の身柄引受人

 

例外もありますが該当者(高齢者)の経済力を保証する必要があるため、基本的に入院や老人ホームへの入居は、身元保証人がいないと入れないという施設がほとんどです。

そのため、死亡した後のさまざまな手続きはもちろん、高齢になってからの必要なサービスを受けたり、希望する病院に入ったりするためにも、身元保証人は必ずといってもよいほど必要となります。

 

■ 意図しない財産承継が行われる

両親が先立っており、生涯独身で子どももいない場合には、兄弟姉妹が財産を継承することが法律で定められています。さらに、兄弟姉妹も亡くなっているケースでは、その子どもに財産が行き渡ることになります。

近くに住んでいたり、古くから仲がよかったりという場合であれば、財産が行き渡ることに疑問は感じないでしょう。しかし、場合によっては良好な関係を保てていない親戚もいるかもしれません。そのようなケースでも、法律によって一定の額が相続されてしまうのです。

また、手続きを経て国の財産となることも考えられます。法律によって、自分の意図しない財産継承が行われる可能性は十分に考えられるので、生前にきちんと整理しておくことが大切です。

 

 

■ 後編の内容

 

 

家族に先立たれてしまう方、生涯独身の方、子供が離れて暮らしている方、「身寄りがない」というのは意外にも珍しいことではないということ、そして色々なリスクがあるからこそ元気なうちに供えておく必要があることがお分かりいただけたでしょうか?

 

次回は今回の記事で紹介した様々なリスクや不安を解消するためにどうすればいいのか?をご説明いたします。

【次回内容】

■ 身寄りがない人が老後を迎える前にやるべきこと

■ 身寄りのない人が突然亡くなるとどうなるの?

■ 身寄りのない人の葬儀準備

 

かぐやの里メモリーホールでは、葬儀・終活に関するさまざまな疑問を解決するために、24時間コールスタッフが体制を整えています。

これを機に老後について考えたいという方も、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

電話をかける(無料)

24時間h365対応相談対応可

0120-105-615

資料請求
(無料でお届け)