友引とお葬式の日程との関係

友引とお葬式の日程との関係

 

お葬式の日程を決める要素のひとつに、六曜があります。特に関係するのが友引の日で、お葬式を避ける方もいらっしゃいます。では、お通夜の場合はどうでしょうか。また、友引は必ず避けなければならないのでしょうか。

この記事では、友引の意味にも触れながら、お通夜と友引の関係についてご紹介します。

お葬式の日になぜ友引が避けられるのか

友引は六曜という暦のなかのひとつで、先勝と先負の間にあります。

六曜のなかには吉日と凶日がありますが、この日は葬儀に関しては凶日とされています。「凶事に友を引く」という言葉があるように、友引に葬儀を行うと故人と親しかった人も連れていかれてしまうと言われているのです。そのため、お葬式は友引を避けて行われるようになりました。

かつては「共引」という字が使われていて、全てにおいて決着がつかない日、引き分けの日とされていました。現在では、こちらの意味はほとんど使われなくなっています。

 

お通夜と友引の関係

お通夜の場合、お葬式のように友引の日を避ける必要はないとされています。

しかし、お通夜の翌日にお葬式を行うので、お葬式の日に友引が重なる場合にはお通夜の日程も変更になることがあります。その場合、お通夜までの日数を伸ばすか、お通夜からお葬式まで日を空けるかなど調整します。

友引は必ず避けなければならないの?

では実際に、友引にお葬式は避けるべきなのでしょうか。

世間一般的に、友引にお葬式を行うのは縁起が悪いとされていますが、もともとの「共引」という言葉にはそのような意味はありません。

そのため、友引の持つ意味について気にならないのであれば、お葬式の日程についても気にする必要はないでしょう。気になる場合でも、友人形という身代わり人形を棺に入れるという風習もあり、これを利用してお葬式を行うこともあります。

 

火葬場の定休日を考える

友引の日には火葬場が定休日になっていることが多いです。

なぜなら、友引にお葬式を避ける方がいるということから、合わせて定休日にしているためです。お葬式を行う際は、火葬場の定休日を確認しておくとよいでしょう。

また、友引の日にお通夜を行うと、友引の翌日がお葬式ということになります。この日は友引明けと呼ばれ、友引に葬儀をできなかった方で火葬場が混み合うことを考慮しておきましょう。

 

 

まとめ

友引にお通夜を行うことに、問題はありません。しかし、友引であることによってお葬式の日程をずらさなければいけないこともありますので、無理のない日程を組むようにしましょう。