危篤とは?家族が危篤の時するべきことは?

危篤とは?

家族が危篤の時するべきことは

 

病院から、「家族が危篤」と連絡を受けたら、どうすれば良いでしょうか。

以前から病気で入院していた人、突然の事故で病院に運ばれた人など、危篤連絡を受けるまでの状況は様々でしょう。

しかし、そのような場面に直面するのは人生で何度もあることではないので、気が動転したりパニックに陥ったり右往左往してしまう人も少なくないです。

ご家族の危篤は辛いものですが、そのときにはやらなければならないことがあります。

できるだけ冷静に、落ち着いて対応できるよう、いざというときに必要なことを把握しておきましょう。

 

 

危篤とはどういう状況?命はあとどれくらいなのか?

危篤とは、病状が悪化して意識がなくなり、今にも亡くなりそうな状態になることです。

意識を取り戻すこともありますが、基本的には快復の見込みがないと言えます。

危篤と言われる状態がどのくらい続くかは医者にもわからず、人によってそれぞれです。

数時間で亡くなってしまう人もいれば、10日以上その状態を保つ人もいます。

若い人の場合は危篤状態が長く続く場合もありますが、生命力がどこまでもつのか、それは誰にもわかりません。

臨終に立ち会うことを希望する場合は、病院に泊まり込むことになります。

数時間後になるのか、数日後になるのかはわかりませんが、家族としては「そのとき」を迎える心の準備が必要になります。

 

 

慌てないで!危篤になったときの心構え

 

 

 

ご家族が危篤との連絡を受けたら、パニックになり、どうすれば良いかわからない状態になるかもしれません。

しかし、何よりもまず必要なのは、「最期を看取る覚悟」を持って病院へ向かうことです。

「危篤」と宣告されたら、快復の見込みは薄く、多くの場合、意識を取り戻すことはないと言えます。

つらいことではありますが、大切なご家族の状態を理解し、臨終に立ち会えるよう急ぎましょう。

亡くなられた後のお葬式のことや相続のことなど、事前に段取りができていればスムーズにいくこともあります。しかし、「命」は待ってはくれません。

後になって「臨終に間に合わなかった」と後悔しても手遅れです。

そうならないために、心の準備をして、とにかく急いで病院へ向かってください。

できれば、数日間泊まり込みになっても良い準備をしておくと良いでしょう。

 

 

危篤の連絡を受けたらやるべきこと

ご自身が病院へ急ぐことに加えもう一つ、身近な人への連絡も必要です。一般的に、危篤を知らせる人の範囲としては、

・同居の家族
・三親等以内の親族
・親しい友人、知人

などと言われますが、危篤のときに優先して連絡すべきなのは、「最期に立ち会ってほしい人」です。

戸籍上の近さよりも、実際の関係性における付き合いの深さを考慮し、本人が最期を看取ってもらいたいと思うであろう人、あなたが看取りに立ち会ってもらいたいと思う人に、真っ先に連絡を入れましょう。

ただし、最低限の人選とされることをおすすめします。

 

■危篤の連絡の手段は?

急を要することなので、危篤の連絡は電話で行います。

たとえ深夜や早朝であったとしても、この場合は電話をかけても構わないでしょう。

「こんな時間に申し訳ありません」と一言お詫びの言葉を添えた上で、

・誰が危篤なのか
・電話をかけているあなたは誰で、どのような関係なのか
・いつまでに、どこに来てもらいたいか

を、手短に伝えましょう。

 

■遠方の人に危篤を連絡する場合は?

 

 

遠方の人に連絡をする場合は、特に配慮が必要です。

分かっている範囲で現状を伝え、すぐに来てもらうのか、次の連絡を待ってもらうのかなどを伝えましょう。

遠方から来てもらい数日間泊まることになった場合、交通費や宿泊費をこちらで負担しなければならないこともあります。

危篤者との関係性を考え、慎重に判断することが大切です。

 

■危篤を連絡する際には配慮を

高齢の人や病気療養中の人、産前産後の人への危篤の連絡は、さらに慎重な判断が必要になります。

精神的なショックで体に大きな負担がかかってしまうかもしれないからです。

危篤者本人との付き合いの深さにもよりますが、連絡をしようとする相手の状況や気持ちに配慮して連絡をする、しないを考えましょう。

■危篤から臨終を迎えられたら

その後、臨終を迎えられたら、事務的な報告も含め、関係各所に訃報の連絡を入れます。

ご葬儀の日程が決まったタイミングで親族用・ご一般の方用の正式な訃報連絡書を葬儀社がつくってくれますので、そのタイミングで用紙をもとに訃報の連絡をするのも良いでしょう。

 

 

 

葬儀社の手配

病院によっては、逝去後に提携している葬儀社を紹介され、ご遺体のご処置やご移動が行われることがあります。

事前に準備をしていなければ戸惑うかもしれませんが、ひとつだけ知っておいてほしいことがあります。

それは、病院で紹介された葬儀社に必ずしもお葬式を依頼しなくても良いということです。

病院紹介の葬儀社に依頼すると、葬儀費用が高くなってしまう場合があります。

お世話になった病院に紹介されると、断りにくくなってしまうかもしれませんが、断っても失礼にはあたりません。

危篤の連絡を受けたら、ご自身が病院へ急ぐことに加えもう一つ、忘れてはいけないことがあります。

それは、葬儀を依頼する葬儀社を検討しておくことです。

最近では、「お葬式に高額な費用をかけたいとは思わない」「お葬式に呼ぶ方が少ない」といった理由で、小規模に執り行う家族葬を選ぶ方が増えていますが、亡くなられた方によっては家族葬より一般葬の方が最適の場合がございますので葬儀社にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

依頼する葬儀社が決まったら、菩提寺がある場合はお寺様も一緒に日程の打合せを行います。

寺院に別に連絡をとり、戒名・法名の相談もしましょう。

わからなくても葬儀担当者がサポートをしてくれますので、それに従いながら準備しましょう。

「お付き合いのあるお寺はないがお経はあげて欲しい」というご希望であれば、お寺様をご紹介することもできます。

お布施の金額は2通りで、地域のお寺様にお願いするか、全国から日程が開いているお寺様手配するかで金額がかわってきます。

 

 

元気なうちの事前相談がおすすめ

かぐやの里メモリーホール富士では、資料をご請求いただいた方全員に「対面での無料事前相談」をおすすめしております。

いざ資料を取り寄せてみても実際の様子が想像できないことや、他社との見積や対応の違いがわからないというお客様の声が多いからです。

病院から危篤の連絡がきたときの対応方法や、親族が亡くなったときにやるべきこと、葬儀でのあいさつ文例など 、喪主を務めるのが初めてという方でも安心してお葬儀のご準備ができるよう、その場で具体的なアドバイスが行えますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

まとめ

いざご家族が危篤になったら、頭をよぎるのは思い出や悲しみばかりで、やらなければいけないことを考える余裕はないと思います。

そして亡くなられた後は、葬儀社を選ぶのも簡単なことではないでしょう。

故人を尊重した形で見送るためには、ある程度事前準備をしておくことが望ましいです。

最近では富士市でも事前相談を活用するご葬家様が多く、その割合はなんと70%にもなります。

誰しも、「もしものとき」のことは考えたくないかもしれませんが、来るべきときに備えて情報を集めておけば、落ち着いて対応できることでしょう。

 

 

 

 

かぐやの里メモリーホール富士では、生前の葬儀の準備に関するご相談・終活に対するご相談も承っております。

まずはお気軽にご相談ください。

 

じっくりお探しの方へ・初めて喪主になる方へ

 

 

かぐやの里メモリーホール富士

住所:静岡県富士市日乃出町161-6

連絡先:0120-105-615