冬場に増える急逝、家族が亡くなったらすぐにやらなければならないこと

 

人が亡くなれば、その人に関わっていた様々なことについて整理をしていかなくてはなりません。

家族が亡くなってつらい中、慣れない段取りをする方のために亡くなられてからご葬儀までの流れをまとめました。

 

家族が亡くなったらまずするべきことは?

家族が亡くなると、悲しみに沈み、故人を偲ぶことだけを考えていたくなるものです。ですが、すぐに行わなければならない手続きもいくつかあります。

ご遺体を自宅や安置所に運んだり、葬儀の段取りを進めたりと、ひとつずつ確実に行動に移していきましょう。ここでは、家族が亡くなったときにするべきことについて解説します。

 

ー病院で亡くなったら

病気で入院していて、そのまま病院で亡くなったら場合は、医師が死亡診断書を書いてくれます。

死亡診断書とは、患者が死亡したことを判定した医師がそれを証明する書類です。法律により、医師以外の者は発行できないことが決められています。

死亡診断書は、死亡届と同じ用紙の右半分側になっていて、死亡時刻・場所・死因などを記載する欄があります。医師による署名・捺印済みの書類を受け取ったら、左側半分の死亡届に必要事項を記入し、速やかに役所に提出することになります。

死亡診断書の発行には料金がかかります。値段は病院によって異なりますが、5,000円前後というのが平均値のようです。

死亡診断書は、死亡届の提出以外にもその後各種の手続きで必要となる場面が多く、一度提出した書類は返ってこないので何枚かコピーを取っておくことをおすすめします。

 

 

 

 

ー自宅で亡くなったら

ご自宅など病院以外の場所で亡くなられたときは、病気を継続的に診てもらっている主治医がいる場合は、直ちに連絡をして来てもらい、死亡診断書を発行してもらえます。

療養中の病気以外で死亡したときには、犯罪の疑いがないかどうかを判断する必要が生じます。

そのため警察による検視が行われ、その結果に基づいて死体検案書が発行されます。

検視をしても死因がわからないときは、司法解剖が行われることもあり、そうなると死体検案書が発行されるまでに日数がかかります。

死体検案書も死亡診断書と同様の、死亡届と同じ用紙です。ただし、死体検案書の発行料金は、死亡診断書よりも高額になることが多いです。

 

 

■訃報の連絡を行う

なるべく当日中に、故人の関係者へ訃報の連絡を行いましょう。

遠方に住んでいる人であれば、葬儀に参列するためには移動時間がかかります。

希望する人には可能な限り参列してもらえるように、たとえ葬儀の日程が決まっていない場合でも、早めの連絡を心掛けることが大切です。

療養していたことを伝えていない人にも早急に連絡します。

親戚や家族など、近しい親族には電話で伝えるのが一般的です。知人や仕事の関係者には、メールなどを利用するケースもあるでしょう。

 

 

■葬儀社を選ぶ

訃報の連絡と並行して、どの葬儀社に葬儀を依頼するのかを決めます。

選ぶポイントとしてまず挙げられるのが、担当者が誠実に対応してくれるかどうかです。

葬儀はやり直しができないので、遺族の希望を最大限に叶えてくれる葬儀社かどうかは重要な要素のひとつと言えます。

最初の対応で印象がよく、分からないことにも丁寧に答えてくれる担当者であれば、よい葬儀社である可能性が高いです。

また、疑問点をあいまいなままにせず、見積書の内容に納得した上で契約しましょう。

支払いの時期や手段もしっかり確認しておきます。葬儀にはさまざまな宗派があるので、希望の葬儀に対応しているかどうかも重要です。

キリスト教式や神式、無宗教などのプランがない葬儀社も中にはあるので、事前に調べておくとよいでしょう。

 

 

 

■ご遺体の搬送

病院で亡くなった場合、ご遺体を安置できるのは一般的に数時間程度です。

退院手続きを取って病院に支払いを済ませたら、ご遺体を安置できる別の場所へ搬送しなければなりません。搬送手配は葬儀社に任せます。

安置する場所は、遺族の希望があれば自宅でもよいでしょう。

どの葬儀社に依頼するか決まっているなら、葬儀社の用意している安置室を利用する場合もあります。状況に応じて、どちらにするか選ぶケースがほとんどです。

 

 

■葬儀の日程・内容を決める

お通夜と葬儀・告別式の内容や日程を、葬儀社のスタッフやと話し合って決めましょう。

もしお付き合いのあるお寺がある場合、日程を決める際ご住職のご都合をきちんと確認しましょう。

誰が喪主を務めるのか、受付はどうするのかなどの細かい役割もこの段階で決まります。

後悔のないように、疑問があればその都度しっかりと確認することが大切です。

 

 

 

家族が亡くなってからの葬儀の流れ

 

 

 

家族が亡くなると、遺体の安置から納棺やお通夜、葬儀など、慌しい時間が過ぎていきます。

火葬場で火葬を行い、骨上げを終えるとすべての工程は終了です。

やらなければならないことが多すぎて、流れがよく分からないという人も中にはいるのではないでしょうか。

ここでは、家族が亡くなってからの葬儀の流れについて解説します。

 

■末期の水

故人が亡くなってから、最初に行うのが「末期の水(まつごのみず)」という儀式です。

故人の口を水で湿らせる儀式で、臨終に立ち会った人は、全員参加するのが一般的です。

儀式の順序は、血縁関係が深い親族から行うケースが多く見られます。

 

■遺体の搬送・枕経

故人の臨終が告げられると、ご遺体を安置できる場所に運び、葬儀まで安置します。

搬送は遺族が自ら行うことも可能ですが、ご遺体を傷つけてしまう可能性もあるので、できるだけ避けるべきでしょう。

葬儀を執り行う葬儀社のスタッフなど、ご遺体を搬送するための十分な知識を持った人が搬送するのが一般的です。

そしてお付き合いのあるお寺様がある場合は、お寺にも連絡し、亡くなられる際によまれる「枕経」をあげて頂きましょう。

 

■納棺

お通夜が行われる前に、安置したご遺体を棺に納めます。

納棺を行う場所に決まりはないので、自宅や斎場など、どんな場所でも可能です。

ただし自宅で行うのであれば、棺桶を搬入して納棺できるだけの十分なスペースが必要になるでしょう。

納棺は故人が安らかに旅立つために、ご遺体を綺麗にする大切な儀式です。火葬の前に副葬品として思い出の品などを棺に入れてもよいでしょう。

 

■通夜

故人との別れを近しい人たちと一緒に偲ぶ儀式がお通夜です。最近では、18時から始まるケースが多く見られます。

儀式の準備はや司式者との段取りも葬儀社のスタッフが進めてくれるので、指示に従うとよいでしょう。

お寺様が読経を行ってから焼香に移る流れが一般的です。

お通夜を終えた後は控え室などに移動して、参列者に食事が振る舞われるので、故人の思い出などを語り合いながら過ごすとよいでしょう。

振る舞われる食事は「通夜振舞い」と呼ばれます。

 

 

 

■葬儀

葬儀が行われるのは、お通夜の翌日が一般的です。進行はお通夜とそれほど大きな違いはないので、葬儀社の指示を仰ぎましょう。

以前は故人が亡くなってから7日目に行うのが一般的だった初七日の法要も、最近では葬儀と一緒に行うケースが増えています。

遠方に住んでいるなど、さまざまな事情で短い期間の間に二度集まるのが難しい参列者へ配慮した形です。

初七日を葬儀と同時に行いたい場合は事前に葬儀社に申し出なければならないので、希望を忘れずに打ち合わせで伝えておきましょう。

(お寺様の考えにより正式に7日目に行われる場合もございます。)

 

■出棺から火葬

葬儀が滞りなく終了すると、火葬場へ向けて出棺を行います。「お別れの儀」と呼ばれる、最後の遺族との対面を出棺前に行うのが一般的です。

お花などを棺に納めて、故人へ別れを告げましょう。

出棺すると、火葬場へ到着した後は火葬されます。最後にお寺様が読経し、参列者が焼香するケースもあるでしょう。

移動はバスや自家用車を使います。火葬に参列するのは遺族や近しい友人や知人が中心ですが、時折当日の参加を希望する人もいます。

バスなどは余裕をもった手配を心掛けましょう。

 

富士市の火葬手順とマナーについて解説

こちらの記事では火葬場での流れについて詳しくご説明しております。

 

■骨上げ

火葬を終えた後に、骨壷に遺骨を納める儀式を「骨上げ」と言います。

喪主を筆頭に、故人と関係が深い遺族や、故人が生前親交の深かった知人などが行うのが一般的です。

「収骨室」へ移動し、二人一組となり箸で拾い上げたお骨を骨壷に納めます。

生きているときと同様に、骨壷の底が足の骨になるような形で納めて、のどぼとけの骨を最後におさめて骨上げを終えるケースが多いようです。

ですが、地方によっても慣習が異なるので、スタッフの指示に従うのが確実と言えます。

 

ここまでご逝去からご葬儀までの流れを説明いたしました。

ご葬儀後にも家族がしなければならない手続きは残っています。

次の記事では手続きのご紹介を致します。

 

 

 

 

 

かぐやの里メモリーホール富士では、生前の葬儀の準備に関するご相談・終活に対するご相談も承っております。

まずはお気軽にご相談ください。

 

じっくりお探しの方へ・初めて喪主になる方へ

 

 

かぐやの里メモリーホール富士

住所:静岡県富士市日乃出町161-6

連絡先:0120-105-615