通夜式とは・参列者側のマナー

通夜式と葬儀・告別式はどちらも「お葬式」の一部ですが、それぞれに意味があり、やるべきことも違います。

この記事では、お通夜についてと、遺族側・参列者側がそれぞれ知っておくべきことをまとめました。

通夜式の基礎知識

一般的に、夕方18~19時頃から始まり、約2~3時間かけて行われる現代の「通夜式」。時代とともに形式はやや変わりつつありますが、本来の意味を知り、心をこめて故人と別れの挨拶を行います。

通夜式の意味

通夜式とは、夜通し灯りを消さずに、ご遺体を見守る儀式です。葬儀・告別式の前夜に、親族や親しい友人などゆかりの深い人々が集まって、故人の冥福を祈り、別れを惜しみます。遺族は夜通し灯明と線香の火を絶やさないようにします。

一般的には亡くなった翌日に、弔問客を迎えての通夜式を行い、翌々日に葬儀・告別式という日程が組まれます。ただし、実際に通夜式、葬儀・告別式の日程を決めるときには、考慮しなくてはならないこともあります。

日程を決めるときの注意点

ひとつは、死亡から火葬・埋葬までの時間です。火葬・埋葬は、死後24時間以上経過した後でなければ行ってはならないと、法律で定められていますので、ご遺体を安置する必要があります。

もうひとつは、斎場の空き状況です。通常、葬儀・告別式の日に火葬する流れとなります。つまり、葬儀・告別式は火葬場が予約できる日でないといけないので、必然的に通夜式は、火葬場の予約が取れた前日にということになります。火葬場は混雑している場合があり、2~3日待たなければならないこともあります。

また、日本では六曜の「友引」の日のお葬式は避ける風習があります。字面から「友を引く」、つまり親しい人が冥界へ引き寄せられることが連想されるためです。信じたり気にしたりするかは人によりますが、実際に友引の日は休業している火葬場もあるので注意しましょう。

仮通夜について

通夜式には、死亡当日の夜に納棺して親族だけで行う「仮通夜」と、その翌日に一般の弔問客を迎えて行う「本通夜」があります。仮通夜は親族だけで故人を見守り、一緒に過ごすことが目的であるため、基本的には特別何かを行うということはありません。

ご僧侶を招いて読経してもらうこともありますが、近年は省略されることがほとんどです。服装も、かしこまった礼服である必要はなく、派手な色のものや動物の皮を使ったものなどでなければ平服でかまいません

遺族側が知っておくべきお通夜の流れとマナー

喪家の立場で通夜式やお葬式を行ったり、喪主になったりするのは、誰もが一生のうちで何度も経験することではありません。慣れないことばかりで戸惑いもあるでしょうが、流れとマナーを押さえ、弔問客に失礼のないよう振る舞いましょう。

臨終→納棺→通夜式までの流れ

ご家族が臨終を迎えたら、取り急ぎ、ご遺体の搬送を行わなくてはなりません。葬儀社を決めている場合は、ただちに連絡してご遺体の搬送を依頼しましょう。また同時に、代々帰依しているお寺(菩提寺)がある場合は連絡をとり、お勤めをお願いしましょう。

ご遺体を安置場所へ搬送したら、仏式の場合は、ご遺体の頭上に祭具を飾って「枕飾り」を設けます。通夜式の前に納棺を行い、棺の中には生前に故人が愛用していた品(可燃性のもの)を入れてあげましょう。

臨終後、通夜式・お葬式までは以下のようなことを、順次決めて進めていきます。

すでに段取りが決まっているものについては進めていきましょう。お葬式の準備や書類の提出などは、葬儀社にサポートしてもらえる部分が多くあります。お葬式のおおまかな流れについて、頭に入れておくと安心できます。

通夜式当日の喪主・遺族の振る舞い方と挨拶

通夜式では、ご僧侶の読経、焼香に続き、喪主、遺族、近親者が順に焼香します。その後、一般の弔問客の焼香へ移ります。弔問客は焼香の前後に遺族に対して黙礼しますので、遺族は座ったままでこれに応えます。焼香についてはこちらを参考にしてください。

焼香が終わり、僧侶が退席したあと、喪主は弔問客に挨拶をします。挨拶では、「参列へのお礼」「死去の報告」「生前のご厚誼(こうぎ)への感謝」を手短に言葉にするようにしましょう。最後には、翌日の葬儀の案内をするのが一般的です。

その後、弔問へのお礼のしるしとして、通夜ぶるまいの席に弔問客を誘います。通夜ぶるまいでは、お清めの意味で、日本酒やビールなどのお酒を用意します。控室に戻ったご僧侶へのもてなしも忘れないようにしましょう。

参列する側が知っておくべきマナー

知人などの通夜式に参列するときは、形式的なこと以外にも、遺族に負担をかけたり失礼があったりしないよう、心くばりを忘れないようにしましょう。

通夜式や通夜振る舞いへの参列基準とマナー

通夜式は本来、遺族や近親者、親しい友人など、故人と関わりの深かった人たちが集まって最後の別れを惜しみ、故人の霊と遺族を慰めるためのものです。特に親しい関係でなければ通夜式には出席せず、翌日の葬儀・告別式に参列するのが本来ですが、最近は昼間に行われる葬儀・告別式よりも、出席しやすい時間帯に行われる通夜式の方に出席する人も多くなっています。

また、通夜ぶるまいに誘われたときは、受けるのが礼儀です。遠慮せず席に着き、ひと口でも良いので箸をつけましょう。ただし、あまり長居するのは禁物です。途中で退席するときは、周囲の人に「お先に失礼します」と声をかけるようにしましょう。

服装のマナー

喪服はもともと喪に服する人、つまり遺族だけが着るものでした。

正式礼装は遺族がする装いですので、一般会葬者はそれよりも格下の、準礼装や略礼装で参列するようにします。突然の知らせを聞いて駆けつける場合は、黒でなくても、濃紺や濃いグレーでもかまいません。女性は白いブラウスを避けましょう。

香典のマナー

香典は、相手の宗教に合わせた不祝儀袋に包んで持参します。表書きは、仏式では「御香典」「御香料」とし、宗教がわからないときは「御霊前」としましょう。

香典の金額相場は、故人との関係や、包む側の立場、慣習などにより異なります。目安としては、友人や勤務先関係者なら5千~1万円、親戚なら1万~3万円程度でしょう。香典はふくさに包んで持参します。

通夜式は、故人と最後の別れをする大切な儀式です。服装や作法など、失礼のないようにすることも大切です。

ただ、何より必要なマナーは、喪家側は弔問客に対して故人の生前のご厚誼に感謝すること、参列する側は故人との別れを惜しみ、遺族を思いやる気持ちを持って参列することです。みんなで心を寄せ合って、故人との思い出に浸る時間にしましょう。

かぐやの里メモリーホール連載記事

かぐやの里メモリーホール24時間相談窓口

お葬式に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、お葬式全般に関する疑問は、「かぐやの里メモリーホール」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

メールでのお問い合わせはこちらから→ 問い合わせ – 【公式】かぐやの里メモリーホール (kaguyanosato.com)

電話からのお問い合わせはこちらから→0120‐105‐615