遺体と顔合わせは可能なのか?

遺体と顔合わせは可能?
亡き人との対面時の注意点など詳しく解説

家族や親族、しばらく会っていなかった友人が突然この世を去ってしまったとき、亡くなった方の安らかに眠る表情を最後に目に焼き付けておきたいという方は少なくありません。しかし、顔を見る際には、何か決めごとがあるのではないのかと疑問に思う方もいるでしょう。知らないまま対面を行い、遺族へ不快な思いをさせてしまってはなりません。

この記事では、遺体と顔を合わせるときの注意点について詳しく解説します。遺体との対面時の決めごとについて知りたい、亡くなった方の顔をしっかり見納めたいなどとお考えの方は、参考にしてみてください。

故人の遺体について

亡くなった方と対面できるかどうかについては、できる場合もできない場合もあるといえます。自然死や死後化粧などをして顔が見られる状態であれば可能ですが、事故死などによって遺族が顔を見せるのを拒否した場合はそれに従わなければなりません。

また、人が亡くなった際はお葬式や火葬に至るまでの一定の期間、遺体の安置が必要とされています。直葬で宗教的な儀式を省く場合も「死後24時間以内は火葬してはいけない」という法律があるため、臨終から短くても24時間以上は安置が必要です。安置とは、臨終後に自宅または葬儀場など所定の安置室へ遺体を運び、保管することを指しています。

遺体がいつ頃までどのようにして保管されているかについては、お葬式の形式によって異なるでしょう。遺体との面会が可能で自身が希望する場合は、タイミングを逃さないようにしっかりと確認を行うことをおすすめします。

亡くなった方と面会する機会は、お通夜の日に設けられることが一般的です。しかし、必ずしもその日に対面できるとは限りません。遺族の方々が直葬(火葬式)形式を選択され、お通夜や告別式を行わないという可能性もあるからです。

「一目だけでも顔が見たい」という希望を叶えたい場合は、事前に連絡し、お葬式の形式や日程、遺族の意向などを問い合わせて把握しておくとよいでしょう。

遺体安置の方法について

亡くなった方の遺体は、自宅や安置室などを利用して死後24時間以上の安置を必ず行います。しかし、安置の方法は、場所や宗教などによって異なります。いくつかの例を以下で紹介します。

自宅での安置

自宅での安置の際には、布団の上に遺体を寝かせ、ドライアイスを用いて冷やします。冷やす目的は、遺体の腐敗を防ぐためです。

自宅は、亡くなった方や遺族にとって慣れ親しんだ場所です。そのため、「安らかに眠れるだろう」と自宅を安置場所として選択する方が多いといわれています。

安置後のお葬式の日程によっては、自宅であっても亡くなった方を棺に納めて安置する場合もあります。その場合は対面できない可能性もあるので注意しましょう。

安置室での安置

斎場や葬儀社などの安置室では、その施設の設備により保管方法が変化します。自宅の場合と同じようにドライアイスなどを用いる場合もありますが、冷房設備が整っている場合にはドライアイスの使用などは行いません。また最近では遺体の安置専用施設も増えており、葬儀会場とは別に、そちらの安置場所を選択する遺族もいます。

安置室での面会は、予約が必要な場合や、時間が限られている可能性があります。そのため、面会を希望する際は事前の確認が必要です。確認を怠ると、場合によっては会うことができなかったという可能性も考えられます。

仏教での安置

仏教では、遺体を安置する際には遺体を合掌し、その手には数珠を握らせ、北枕か西枕で敷布団へと寝かせます。自宅に仏壇がある家庭では仏壇のある部屋に安置し、仏壇がない場合には冷房機器の備わっている部屋に安置することが多いようです。供物に関しては宗派によって異なります。

神道での安置

神道では、安置する際には西枕か東枕で、遺体の顔に白布をかけ合掌させます。仏教の場合とは多少異なり、特に数珠といった仏教特有の仏具は使用しません。

キリスト教での安置

キリスト教では、安置方法についての記載が聖書にはなく、細かいきまりや作法もありません。そのため、遺族がどこでどのような安置の方法を予定しているかは事前に確認しましょう。

遺体を安置する方法は、住んでいる地域や故人の信仰していた宗教などによって異なります。また、執り行われる葬儀形式によっても安置の方法が変わる可能性があります。そのため、一概に安置方法が決まっているとはいえません。亡くなった方との面会を希望する場合には、必ず遺族へ事前の確認を行うようにしましょう。

亡き人との対面をしたい場合

もしも、亡くなった方の元へ許可なく面会した場合はマナー違反・モラル違反といわれ、批判される対象になってしまうかもしれません。故人の遺言に記されていた内容や、亡くなった理由によっては、遺族が面会を拒否している場合もあるからです。

最後のお別れをする前に、どうしても亡くなった方の顔を見ておきたいという場合には必ず遺族へ確認を行いましょう。可否に関わらず、確認を行うことは失礼には当たりません。ただし、事故死や突然死などご家族の方がひどく動揺してしまっている場合には失礼にあたる可能性があります。自身の気持ちも大事ですが、相手側の心情も察するようにしましょう。

判断に迷った場合は、会場にいる他の参列者の方々や、葬儀社の担当スタッフなどへさりげなく聞いてみるのもよいかもしれません。

対面のお願いがあった場合

自身が望んでない場合でも「最後に一度見てくれませんか」と、故人との対面をお願いされる場合もあるかもしれません。そうした場合には「ありがとうございます」と一言述べてから遺体との対面を行いましょう。その後に「安らかなお顔ですね」と、短いながらも遺族の方々を想う一言を添えるのが理想的です。

最後に一度とお願いされたものの、顔を見る際の自身の気持ちの整理がつかない場合もあるでしょう。ひどく取り乱してしまうかもしれないといった事情があるときには「これ以上は辛くて耐え兼ねます」「取り乱してしまうと申し訳ありませんので」などと素直な気持ちを正直に伝えましょう。そうすることで対面は辞退することも可能です。

遺体との対面時の注意点

遺体と最後に顔を合わせる際においては、何点かの注意点があるので把握しておきましょう。遺体が棺に納められているケースと、お布団の上で眠っているケースの2つに分けて解説します。多少の違いですが、把握しておかないとトラブルに発展するおそれもあるので注意しましょう。

に納められているケース

棺の中に納められているケースでは、遺体の顔からわずかに離れた位置(胸のあたりの延長上付近)で、まずは深々と一礼を行いましょう。その後に棺の小窓がすでに開いていた場合にはそのまま顔のところへ近づいて顔を見ます。閉まっていた場合には、遺族が扉を開けてから近づいて見ます。また、その際には故人の体や棺にはなるべく手を触れないように注意が必要です。

布団に眠っているケース

布団に眠っているケースでは、遺体の枕元よりもわずかに下の位置に正座をしましょう。両手をついて深々と一礼をしたら、遺族が顔にかけている白布を外してくれます。その後で膝をついたまま顔にそっと近づき、両手を膝の上に置いて顔を見ましょう。最後は、亡くなった方へのご冥福の祈りの込もった一礼と合掌を行い、その後に枕元よりわずかに下がってしっかりと再度ご冥福の祈りを込めて一礼します。

対面時には、遺族の許可なく遺体のお顔にかけられている白布を自ら触らないことが重要です。この他にも、そのお葬式の形式や信仰の種類によって、対面時の作法には多少の違いが存在する可能性もあります。参列するお葬式の形式にあったマナーやルールは事前にきちんと確認しましょう。

まとめ

亡くなった方の最後の顔を拝見する機会は、そう頻繁にはないでしょう。「心の準備はしていたが、いざ遺体を目の前にしてしまうと動揺してしまい、それどころではなくなってしまう」という方も少なくありません。しかし、故人との最後の面会なので、できればしっかり見納めておきたいという気持ちはどこかにあることでしょう。

亡くなった方の遺体との対面時や顔を見るときには、所定のルールや作法、一般的な常識が存在しています。対面時には決まりごとを徹底的に守ると共に、遺族や故人のことを思いやる心も大切にし、決して自分本位の行動を取らないようにしましょう。できる限り遺族の悲しい心中に寄り添った対応を取るのが大切です。

かぐやの里メモリーホール24時間相談窓口

お葬式に関するご準備は事前に行うことが大事です。いざという時に困らないように、お葬式全般に関する疑問は「かぐやの里メモリーホール」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

メールでのお問い合わせはこちらから→問い合わせ – 【公式】かぐやの里メモリーホール (kaguyanosato.com)

電話でのお問い合わせはこちらから→0120‐105‐615