友引にお葬式をするのはダメなのか?

卓上カレンダーのチェックマークの写真素材 - ぱくたそ

お葬式のスケジュールを決めるときの
ポイントなど…

日本には六曜と呼ばれる暦注があります。そのなかのひとつに「友引」があり、その日にお葬式を営んではいけないといわれています。しかし、その理由を知る人はほとんどいないでしょう。

友引にお葬式を営んではいけない理由がわかると、お葬式のスケジュールが立てやすくなるでしょう。

この記事では「友引とは」「本当にお葬式を営んではいけないのか」などについて解説します。現在スケジュール決めにお悩みの方は、参考にしてみてください。

友引とは

友引(ともびき)とは六曜のひとつで、争いごとに勝負がつかない日という意味があります。「共引き」が転じてこの形に落ち着きました。

言葉の意味は上記の通りですが、日付として該当する日は「慶事を営むに適する日」「弔事には適しない日」「良くも悪くもない日」と伝えられています。

慶事を営むに相応しい日、弔事には相応しくない日

友引の「友」とは、周囲の人のことを指しています。そこで、友引に該当する日は、慶事を営めば周りの人を幸せに引き込む日、弔事を営めば周りの人を不幸に引き込む日とされています。

良くも悪くもない日

一昔前までは「共引き」と表していたため、対になる方向から物事を引っ張るというイメージがあり、勝負事に決着がつかないと伝えられています。裁判の日程を決める際には考慮されることが多いでしょう。

友引の時間帯の吉凶としては、朝と夜は吉で昼は凶と伝えられています。この日にお葬式を営むと、冥土に引き摺り込まれると伝えられているので火葬場の休業日であることがほとんどです。

友引は、弔事関係のイメージを除けば、六曜のなかではよい日と伝えられています。友引に該当する日は、お昼以外の時間はなにをしても悪いようにはならないとされています。

友引以外の六曜

六曜には、友引以外にも5種類が存在します。

・先勝
・先負
・仏滅
・大安
・赤口

上記の六曜にも意味が存在するのでひとつずつ解説します。

先勝

先勝(せんしょう)はその名の通り、先に動くことで勝つ(物事がよい方向に流れる)日と伝えられています。なにかよくしたい仕事や用事があるならば、早めに行動することがよいと伝えられている日です。時間帯の吉凶としては、午前中が吉で夕方が凶となっています。

先負

先負(せんぶ)は、その名の通り先に動くことで物事が負けてしまう(悪い方向に流れる)日と伝えられています。この日は、勝負事や急いで物事を進めることはやめた方がよいでしょう。

仏滅

仏滅(ぶつめつ)は仏が滅する、つまり六曜のなかで最も縁起の悪い日と伝えられています。この日はお祝い事を避けるようにすべきですが、別れたい人と別れる日としては最適です。

大安

大安(だいあん)は六曜のなかで最も縁起のよい日です。この日に結婚式をあげる方や宝くじを買う方が多くいます。なにをするにもよい日とされ、時間ごとの吉凶の区切りがありません。

赤口

赤口(しゃっこう)は、死を連想させるものには気をつけるべき日です。時間帯の吉凶は正午のみが吉と伝えられています。

友引にお葬式を営んでもよいのか

友引にお葬式を営むのは縁起が悪いと伝えられています。友引にお別れのお葬式を営むと、故人と一緒にあの世に引かれていくと伝えられているからです。したがって、告別式の実行も縁起が悪いと伝えられています。

しかし、現在ではあまり六曜については重要視されなくなってきています。そもそも六曜と仏教にはつながりがないためです。六曜の元は中国の占いであり、仏教などの宗教と直接的な関係はありません。

現在では、友引や六曜に関連づける葬儀社も少なくなっているので、遺族や親族が行いやすい日程で葬儀を行うとよいでしょう。

通夜式はおこなってもよい

古くからの言い伝えでは、友引にお葬式を営むことは避けたほうがよいとされています。しかし、通夜式は営んでも縁起が悪いとは伝えられていません。

通夜式の目的は故人を偲びながら、悪い気から遺体を守るために営むものです。よって、通夜式は友引に営んでもよいと伝えられています。しかし、なかには通夜式を営むことも縁起が悪いと捉える方もいるかもしれません。友引に通夜式を営む場合は、そのような方への理解を忘れないようにしましょう

友引にやってもよいこと

友引にお葬式を行うことがふさわしくないと聞くと、友引は縁起の悪い日と感じるかもしれません。しかしそれは誤解で、本来慶事では友引が縁起がよい日に当たります。そのため、お祝い事などは友引に営む方が多くいるでしょう。そこで、ここからは友引に営んでもよい行事を紹介します。

結婚関係

結婚式や婚姻届の提出は友引がよいと伝えられています。「幸せを友に引きつける」ということから人気のようです。式場を予約するのには、人気のため競争率の高い日と伝えられています。

納車

納車日として友引を選んでも心配はありません。しかし、お昼は凶の時間帯と伝えられているため、納車するのであればそのほかの時間帯を選びましょう。

引っ越し

引っ越しの日として友引を選んでも心配ありません。こちらも他と同様に、凶の時間帯であるお昼は避けた方がよいといえます。

法事

法事を友引に営んでも心配ありません。六曜という概念は仏教となんの関係もないからです。

お参り

お参りも仏教に関することなので、友引に営んでもなんの心配もありません。仏教の行事を六曜の友引と結びつけるのであれば、凶の時間帯は避けた方がよいでしょう。

お見舞い

お見舞いもまた、友引に営んでもよいと伝えられています。とはいえ、ご年配の方々のなかには相応しくない日だと思われる方もいるでしょう。ご年配の方のお見舞いをするときは、友引を避けて伺うと不快に思われることはないでしょう。

お葬式のスケジュールを決めるときの注意点

スケジュールを決めるときには次のように注意点が存在します。

・参列者の予定に合わせる
・僧侶の都合に合わせる
・火葬場の営業時間を確認する
・その地域の文化に合わせる

参列者の予定に合わせる

参列者の予定に合わせるようにしましょう。スケジュールを適当に決めてしまい、参列者がほんのわずかしかいないということになっては本末転倒です。

六曜にこだわるのもよいですが、参列者の皆さんは欠かせません。友引をはじめとした六曜よりも、参列者の予定に合わせて日程を決めましょう

僧侶の都合に合わせる

僧侶の都合に合わせて予定を立てましょう。僧侶が不在であれば仏教のお葬式は成立しません。なかには友引にはお経を読まない僧侶もいるので、お互いの都合を尊重して日程を調整しましょう。

その地域の文化に合わせる

その地域の文化に合わせることも大切です。通夜式を友引に決行してもよいとはいえ、その地域で禁止と伝えられているならやめておいたほうが賢明です。あらかじめ独自のルールがないか確認したうえでスケジュールを決めましょう。

お葬式を営むときのポイント

お葬式を営むときには、次のようにいくつかのポイントが存在します。

・友引は火葬場が休みである確率が高い
・お通夜を先勝に営むとお葬式が友引になる
・無理に友引のお葬式を避ける必要はない
・友引の翌日は火葬場が混み合う
・家族葬の増加を理由に友引を加味する家庭が減ってきている

それぞれ重要なポイントなので解説します。

友引は火葬場が休みである確率が高い

友引にお別れの儀式をすると、友が一緒に連れていかれるという理由から友引は火葬場が休業日であることがほとんどです。しかし、全ての火葬場が休みというわけではありません。年中無休で対応している火葬場もあります。スケジュールを組むと同時に火葬場の休業日を確認しておく必要があるでしょう。

通夜式を先勝に営むとお葬式が友引になる

六曜において先勝の次の日が友引です。したがって、お通夜を先勝に営んでしまうと、翌日に営むお葬式が友引になります。

友引のお葬式を避けたい場合は、お通夜を先勝に営むのを避けるか同時に営む、もしくは間を開けるようにしましょう。

無理に友引のお葬式を避ける必要はない

友引にお葬式を営むことは禁止されているわけではありません。そのため、どうしても友引にしか営めない場合は無理に変更する必要はありません。とはいえ、親族からの反対や火葬場が休業していることを加味する必要はあるでしょう。

また、友引人形を棺桶のなかに入れることで、人形が厄の身代わりになってくれるとされているので、用意しておくとよいでしょう。この人形は、人の形をしているものであればどんな姿でも構いません。

友引の翌日は火葬場が混み合う

友引に火葬場が休業日なことが多いため、その翌日は火葬場が大変混み合うことがあるでしょう。そのため、休業日翌日に火葬場を予約する場合は、前もって予約をすることをおすすめします。

家族葬の増加などを理由に友引を加味する家庭が減ってきている

最近では「家族葬だから」や「無宗教だから」と割り切った方の増加により、友引を加味する方々が減ってきています。火葬に関しても同じです。

もしも、家庭の意向が友引を気にしないのであれば、そのままお葬式を実行しても心配ありません。

スケジュールが決められない場合は葬儀社に任せる

どうしてもスケジュールが決められないときは葬儀社に依頼をしましょう。こちらの都合に合わせて営んでもよい日を割り出してもらえます。

まとめ

六曜のひとつである友引において、日本の風習としてこの日にお葬式を営むと、友が冥土に引き摺り込まれると伝えられています。その影響でお通夜までもが友引に営んではいけないと思われてしまっていますが、決してそうではありません。

通夜式はお別れの儀式ではないため、友引に営んでも縁起は悪くないと伝えられています。またお葬式についても、現在では六曜を気にする文化も縮小傾向にあります。

お葬式や通夜式の日程を決めるときは、火葬場の休業日や参列者の都合も加味しましょう。どうしても日程が組めないときは、葬儀社に依頼することも可能です。

かぐやの里メモリーホール24時間相談窓口

お葬式に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時に困らないように、お葬儀全般に関する疑問は、「かぐやの里メモリーホール」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

メールでのお問い合わせはこちらから→問い合わせ – 【公式】かぐやの里メモリーホール (kaguyanosato.com)

電話でのお問い合わせはこちらから→0120‐105‐615