最近多い増加している家族葬とは?

こんにちは!
かぐやの里メモリーホールの野田椋雅(のだりょうが)と申します。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
本格的に暑くなってきておりますので体調にはお気を付けください。

さて、本記事では最近よく耳にするお葬式の形式「家族葬」に関してご紹介します。
実際にエンディングプランナーとしてお葬式の現場で多いお客様の声を踏まえながら説明させていただきます。

家族葬について

そもそも家族葬とは?

家族葬とは、親しい方を中心に執り行うお葬式のことです。「どこまで呼ぶのか?」といった質問が多いのですが、特に決まりはありません。家族のみならず、友人や知人などを呼ぶケースも少なくありません。
家族葬自体が始まったのはおよそ20年前といわれており、年々全体に対する割合は増加傾向にあります。首都圏で始まったそうですが、今では全国各地で家族葬が主流となっております。
大きな理由としましては平均寿命が長くなり、
・高齢化で参列が難しい
・職場を引退ししばらく経つので関係が希薄
・近所付き合いが希薄
といったことがあげられます。
その結果お葬式の簡略化が進み、家族葬が増えてきているのです。

家族葬って安いの?

おそらく、お葬式において一番気になる部分は「費用」のことでしょう。
結論から言うと、家族葬にしたからと言って必ずしも費用が安く済むわけではありません。
それはなぜか…
・家族葬だからといって祭壇などを簡単にするとは限らない
・お香典での収入が少ない
・お布施はかかる
・人数によって変動するものがある(返礼品や料理)
などの理由からです。
これまでのお葬式ではたくさんの参列者がみられました。
その結果、お香典での収入が多くお葬式の費用にそのまま充てることが可能でした。
ですが、参列者をある程度絞る家族葬では、お香典での収入はあまり見込めません。
結果として、費用がかかってしまうのです。

ではなぜ家族葬が増えている?

費用がそこまで抑えることができないかもしれないのになぜ家族葬が増えてきているのか?
喪主を中心に家族の負担が減ることが大きい理由です。
これまでは、多くの参列者の対応などに追われ、いつの間にかお葬式が終わってしまい、最後にお別れの時間の余裕もないケースがほとんどでした。
いろんな方のことを気にして、本当の想いとは違った準備をするなどしておりました。
しかし、家族葬では周りの目は気にせず、家族の想いを形にしやすいのです。
最後の時間を家族で、ゆっくりと過ごし、しっかりと感謝の想いを伝えることが可能という面からも家族葬は増加傾向にあると思います。

かぐやの里メモリーホールは家族葬会館です。
100人いれば100通りのお別れをテーマにご家族様の想いをできるだけ形にしたお葬式をプランニングしております。
実際の家族葬の様子は下記からご覧いただけます。
ご葬儀実例 アーカイブ – 【公式】かぐやの里メモリーホール (kaguyanosato.com)

家族葬のメリット・デメリット

【メリット】
・故人との最後のお別れの時間をゆっくりと過ごすことが可能
・参列者の対応に追われない
・費用を抑えることができる
・想いを形にしやすい
【デメリット】
・最後にお別れをしたい方ができない可能性がある
・お葬式後日に弔問が多く来ることがある
・お香典での収入が少ない
・トラブルになる可能性がある

以上が家族葬のメリットとデメリットです。費用や負担をお葬式の際には抑えることができますが、事後報告などでトラブルになるケースも少なくありません。大切な人とのお別れの時間を取れずに終わってしまう方もいることを頭に入れておきましょう。

家族葬はかぐやの里メモリーホール

家族葬に関するお問い合わせはかぐやの里メモリーホールへ。
経験豊富なエンディングプランナーが適切なアドバイスを行っております。
24時間365日受付ておりますのでぜひご活用くださいませ。

かぐやの里メモリーホール
本社:静岡県富士市日乃出町161‐6
TEL.0545-52-7600 FAX.0545-52-7601
mail info@kaguyanosato.com

スタッフ紹介

エンディングプランナー 野田椋雅(のだりょうが)

こんにちは!
かぐやの里メモリーホール、エンディングプランナーの野田椋雅と申します。
私は、小学校から大学までサッカーをしておりました。
高校では山梨県の山梨学院高等学校にサッカーで入学。
全国制覇のため部活動に励みました。結果は全国高校サッカー選手権大会ベスト16でした。
大学でも静岡県の常葉大学に進学し、サッカー中心に取り組み最高成績ベスト8と、高校の記録を更新することができました。

プロサッカー選手になることはできませんでしたが、
同じ情熱で次は社会で活躍できるよう日々努力しております。
お世話になったサッカーに恩返しができるよう全力で頑張ります!

お客様のために、サッカー同様全力疾走します!