お葬式の持ち物リスト~直前で慌てないために~

お葬式は突然決まるものです。
直前に慌てることなく準備ができるように、お葬式が決まったらまずは持ち物のリストを確認してみてください。


お葬式に必ず必要なもの~持ち物編~

お葬式は急なことがほとんどであるとはいえ、忘れ物をして遺族に迷惑をかけることがあってはなりません。その際の必要なものをご紹介します。早めの準備と出掛ける前の再確認をし、忘れ物がないようにしましょう。

香典

お葬式に参列する際、一番忘れてはならないのが香典です。通夜式か葬儀告別式のどちらかに持参します。どちらも参列する場合は、先に参列する通夜式で持参するのが一般的です。香典はただ持っていくだけではなく、香典袋とお札を用意し、表書きや中袋を正しく書く必要があります。お葬式が決まったらまず初めに香典を準備し、出掛ける前には必ず再確認するようにしましょう。

袱紗(ふくさ)

香典を持参する際は袱紗に包み、女性は黒のバッグに入れて参列します。お葬式では、紫やグレー、緑などの色合いの不祝儀用の袱紗を使用します。かぐやの里メモリーホールでの葬儀では10人に1人位が使用しています。

数珠(じゅず)

香典を忘れることはそうそうありませんが、つい忘れてしまうのが数珠です。数珠はなくしてしまうことも多いため、使用していないときはバッグやポケットに入れておくとなくすことがありません。
宗派によって正式な数珠の形などは異なりますが、お葬式での数珠はどのようなものでも構いません。また、キリスト教式のお葬式では数珠は必要ありません。

ハンカチ

葬儀告別式では、自分自身が涙を拭くことはもちろん、人に貸すような場面があるかもしれません。白や黒、グレーなど地味な色合いのものを用意するようにしましょう。派手な色のハンカチはマナーとして良くありません。

サブバッグ

お葬式の際、男性は礼服のポケットに必要なものを入れ、女性はハンドバッグに入る程度のものしか持ち歩くことがありません。女性は特に持ち物が多く、小さいバッグには入りきらないこともありますよね。
サブバッグが必要な場合は、黒のフォーマル用のものを用意しておきましょう。ショルダーバッグや革のように殺生を想起させるものは避けた方が良いでしょう。ショルダーバッグや革は殺生をイメージさせるものであるため避けましょう


お葬式に必ず必要なもの~服装編~

お葬式には香典等の忘れ物はもちろん、服装も正しいものを揃えて用意しておかなければなりません。いつお葬式に参列することになってもいいよう、普段から用意しておきましょう。お葬式での服装について、マナーやポイントをご紹介します。

礼服

男性の礼服は黒のスーツと白のワイシャツを着用します。黒で無地のネクタイを合わせますが、この時ネクタイピンは付けないのが一般的です。ベルトや靴下などの小物も黒で揃えます。
女性は黒のワンピースやスーツを着用します。靴やストッキングは黒を選び、アクセサリーは真珠の一連ネックレスのみが着用してよいとなっています。夏でも半袖やノースリーブではなく、短くても五分袖くらいの肌を見せない服を選びます。
子供は大人のようにきっちりした決まりがあるわけではありません。学生であれば制服を着ていれば問題ないですし、就学前の子供は黒やグレー、紺色のブレザーやワンピースなどを着用します。乳児は白や黒、グレー、ベージュなどの地味な色合いのものを着せると良いでしょう。決まりがないとはいえ、キャラクターや柄物など派手な服は控えましょう。

男性は光沢のない黒の靴を履くのが一般的です。エナメルや光沢のある素材、金具がついているものは避けます。
女性も光沢のない黒の靴を履くのが一般的です。サンダルやミュール、スエードなどの靴は避けた方が無難でしょう。また歩くときは音が響かないような配慮も大切です。
子供は礼服と同じように明確な決まりはありません。フォーマルな靴を持っていることは少ないため、普段履いているような靴でも構いません。黒や白といった色合いのモノトーンのデザインのものを選ぶようにしましょう。スニーカーでも構いませんが、子供とはいえ派手なデザインのものは避けるようにしましょう。


お葬式で必要に応じて用意しておきたいもの

時計

お葬式で時間を見るときにスマホを使用してしまうと印象が良くありませんので、できれば時計は身に付けておきたいですよね。しかし派手な時計はマナー違反となるため、白や黒の色合いでシンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。しかし、派手な時計しかもっていないという場合はお葬式では着用しない方が無難です。

指輪

結婚指輪はつけたままで大丈夫ですが、それ以外の指輪はNGです。結婚指輪も色や素材によってはマナー違反となる可能性があるので気を付けましょう。

ヘアアクセサリー

女性は焼香の際に髪が邪魔にならないように、シンプルなアレンジをして参列することをおすすめします。髪が長い人は黒のゴムで耳より低い位置でまとめます。ヘアアクセサリーを使用する際は、シンプルで黒を基調としたデザインのものを選びます。

ネックレス

お葬式では真珠のネックレスをつけている方を多く見かけます。真珠は涙の象徴といわれており、お葬式に適した宝石となります。
しかし、真珠の中でも粒が大きいものはお葬式に相応しくありません。二連や三連になっているネックレスは「不幸が重なる」という意味合いがあるため、着用してはいけません。

イヤリング・ピアス

和装は結婚指輪以外のアクセサリーを身に付けないのが一般的ですが、洋装でもイヤリングやピアスはお葬式の際は身に付けない方が無難です。

ベルト

忘れてしまいがちなのがベルトです。ベルトは黒革で無地のもの、バックルがシンプルなものを選びましょう。バックルはできるだけ光らないものを選ぶのが良いですが、シルバーの一般的なものであれば問題ありません。


通夜式・葬儀告別式当日の天候や季節に応じて用意したいもの

通夜式・葬儀告別式当日の天候や季節に応じて、用意しておくと便利なものをご紹介します。

扇子

お葬式の会場によっては、人がたくさん集まることで熱気がこもり、蒸し暑く感じてしまうこともあります。そんなときには扇子があると便利です。お葬式の際は黒い扇子を持参するようにしましょう。夏場はただでさえ暑いので移動の際にも使えますし、冬場は逆に暖房が効きすぎているときにも使うことができます。


お葬式にあると便利なもの

故人との関係や立場によっては、一般の参列者とは違う準備が必要なこともあります。とっさの場合にも対応できるように、あると便利なものをご紹介します。

ストッキングの替え

ストッキングは気を付けていてもすぐ伝線してしまいますよね。お葬式の際は途中で買いに行くことができないため、バッグに予備のストッキングを入れておくと安心です。一つ持っておくと、空いた時間やお手洗いのときなどにさっと履き替えることができます。かぐやの里メモリーホールでは替えを準備しています。

貴重品袋

通夜式や葬儀告別式で受付を担当すると、香典を預かっておくということもあります。式場やお寺で行われる場合、他の喪家の方がいらっしゃることもあります。トラブルを防ぐためにも、貴重品は袋にまとめて入れて預けておくようにすると良いでしょう。かぐやの里メモリーホールでは香典袋や芳名カードホルダーを提供しています。


お葬式にもしも忘れ物をしてしまったらどうしたらよい?

どれだけ確認していても、忘れ物をしてしまうことはありますよね。

途中店に寄って買うのもよいかもしれませんが、確実に売っているとは限りません。
かぐやの里メモリーホールではネクタイ等の販売を式場でしています。


扱いが必要な持ち物

香水

普段から香水をつけているという人も、お葬式に参列する際には香水を使用するのは控えましょう。式場ではお香が焚かれているため、香水はお香の香りの邪魔になってしまいます。身支度をする際に、つい香水をつけてしまわないように注意が必要です。

携帯電話

いつどこに行くときでも、携帯電話は持って行く人がほとんどでしょう。お葬式に参列する際ももちろん持ち込むことはできますが、アラームや着信音など、音が鳴らないように確認が必要です。お葬式が始まる前には必ずマナーモードにするか電源を切ることを徹底しましょう。


仕事関係のお葬式に参列するときは名刺も必ず持参しよう

勤務先の上司や同僚、取引先など、仕事関係の方のお葬式に参列することもありますよね。そのようなときは名刺を持参するようにしましょう。名刺は香典と一緒に受付で渡すのが一般的です。遺族が香典を確認するときに、誰が持ってきたのかがわかりやすいために名刺が役に立ちま
個人的に参列する場合は自分の名刺を添えれば良いですが、複数名で参列する際は代表者の名刺を添えます。名刺の右上に「弔」という文字を書くか、名刺の左下を少し折ると、参列したという印になります。印をつけるのは芳名帳に記入するときで良いですが、忘れてしまいそうなときは前もって準備をしておいてもよいでしょう。
上司の代理でお葬式に参列することもあるかもしれません。その際は、上司と自分の名刺のどちらも用意します。上司の名刺には右上「弔」の字を書き、自分の名刺には右上に「代理」の意味を表す「代」の字を書きます。二つの名刺を揃えて渡すと、遺族が見たときにわかりやすくなります。


まとめ

通夜式・葬儀告別式は急なことがほとんどです。いざという時のために準備をしておくと慌てずにすみます。
香典は表書きや中袋が正しく書かれているか、金額が合っているかどうかまで確認すると安心です。相手方に失礼のないよう、持ち物の確認も怠らないようにしましょう。

 

お葬式に関するお問い合わせは「かぐやの里メモリーホール」へ

お葬式に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、お葬式全般に関する疑問は、「かぐやの里メモリーホール」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。